新築・戸建

ドリーム通信

2017.12.20
T様邸

皆様、こんにちは。

T様邸の現場の様子をお伝えいたします。現在、本体の基礎工事(配筋工事、配筋検査、コンクリート打設、脱型)、建方工事は完了しました。

【コンクリート打設】

ここで注意したいのが、コンクリートがしっかり固められているか、アンカーボルトの位置が所定の場所に設置してあるかです。信頼できる業者さんと工事をしていますが、検査は現場工事監督や、その他関わる方々が入念にチェックしています。

基礎と土台の間には基礎パッキンといものを入れます。基礎パッキンとは、床下の通気を良くし、カビやシロアリで土台が腐るのを防ぐものです。また、玄関や浴室部分には気密パッキンを入れ、外気が入らないようにしています。

【足場設置】
【1階床組み】
【1階壁フレーミング】
【1階壁フレーミング】
【1階壁組み】
【1階壁組み】

こちらの現場は手組なので、大工さんが一つ一つ現場で壁を建てていきます。

【2階壁組みと天井根太】
【小屋裏全景部】
【建方工事完了】
【建方工事完了】

中間(役所)検査、社内検査も無事に完了しました。

骨組みが完成したので、次は内部の造作工事に入ります。注文住宅の醍醐味である内部の造作工事はお客様にとっても特にこだわりが強く、一番楽しみな部分だと思います。注文住宅はそういった意味でも「愛着を持てる住宅」を作りたい方には個人的にオススメしたいです。T様邸の内部工事の様子も随時更新していきたいと思います。